みなさまから寄せられる質問とその回答を掲載しています。

Q.どうして外張り断熱工法は普及していないのですか?


A.まずは充填断熱に比べて、コストが上がるというのが大きな要因です。次に、施工のできる大工が少ないということも原因となっています。しかし、当社では、外張り断熱工法の施工研修を行うことで大工の技術向上につとめ、設計から施工まで一貫生産体制により徹底的にコストを抑えています。気密もとりやすく、確実に断熱性を発揮できる住宅を従来と変わらない価格で提供することが可能となっています。価格は条件により異なりますので、ぜひ見積もりをご請求ください。
資料請求はコチラ

 


Q.「Holdus」の耐震性能はどのようになっていますか?


A.はじめは間取り優先でプランニングを行います。その後、調整を重ね、お施主様のご希望に合わせて耐震等級3(最高)まで対応させていただきます。また、オイルダンパーを使用した制震装置やパナソニックの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」なども合わせてご提案させていただきます。

 


Q.標準設備の変更はできますか?


A.お施主様のご希望に沿うことができます。メーカーのショールーム等で確認いただき、お好きなものを御選びください。内容により、差額が発生する場合がありますので、事前にお見積りをご提出します。

 


Q.壁の断熱だけで、室内の温度を保つことができるのですか?


A.壁の断熱だけでは室内の温度を一定に保つことはできません。窓などの開口部からの熱流入は70%以上となります。従って、「Holdus」では、サッシには、アルミと樹脂の複合タイプを採用し、ガラスはLow-E複合ガラスを使用します。また、断熱玄関は、次世代省エネ基準よりさらにワンランク上の性能となっています。開口部の断熱に配慮することで、室内の温度を一定に保つ設計をしています。

 


Q.シックハウス対策はどうなっていますか?


A.シックハウスの主な原因はホルムアルデヒドと言われています。「Holdus」では、もちろん、ホルムアルデヒドの発散量が極めて少ないF☆☆☆☆(最高等級)の建材を使用します。しかし、シックハウスの原因となる揮発性有機化合物(VOC)には、クロスの接着剤や建材に配慮しても、タバコや殺虫剤、ドライクリーニングの衣類、瞬間接着剤など、生活の中で持ち込んでしまうものもあります。これらを除去するため、「Holdus」では、熱交換機能をそなえた全熱交換型24時間換気システムを導入しています。

 


Q.シロアリ対策はどのようになっていますか?


A.基礎外張り断熱は、シロアリに弱いと言われています。そこで「Holdus」では、基礎に使う断熱材はシロアリの食害を防止する機能が付与されたものを使用します。断熱材メーカーによるシロアリ食害保証をつけることもできます。(※プランニングによる)

 


Q.工期はどれぐらいですか?


A.2階建てで4か月、3階建てで5か月程となります。

 


Q.全体的なスケジュールを教えてください


A.当社には「営業マン」がおりませんので、初めてお客様にお会いするのは設計士となります。お客様のご希望を形にするスタッフが対応しますので、時間が許す限り、納得するまで打ち合わせをすることが可能です。全体的なスケジュールのイメージは下記をご覧ください。
住まいのスケジュールページへ

 


Q.本体価格に含まれるものはどんな内容になりますか?


A.「Holdus」標準仕様に加え、引違い窓へのシャッター、地盤調査・地盤保証書(JHC)、瑕疵担保保険(JIO)、照明工事(寝室・リビングの一部を除く)、LAN配線(各居室一つ)、外構工事(ポスト・機能門柱)となります。詳しくはご説明いたしますので、ぜひお問い合わせください。
お問合せはコチラ

 


Q.別途工事になるものは?


ご希望の内容により異なりますので、申し訳ありませんが、詳しくはお問い合わせください。代表的なものとして、
エアコン・エアコンスリーブ工事、カーテン・カーテンレール工事、外構工事、寝室・リビング照明工事、小屋裏・ロフト・吹き抜け工事、地盤改良工事は別途となります。

 


Q.諸費用となるものを教えてください。


A.確認申請費・構造計算費(3階建)・設計費、契約時印紙代、表示・保存登記費用・滅失登記費用、地鎮祭・上棟式費用などとなります。詳しくはお見積りを致しますので、お問い合わせください。
お問合せはコチラ

 


Q.火災保険構造級別はどうなっていますか?


A.防火指定や階数によって異なります。準防火地域の3階建てならT構造(準耐火建築物)となります。それ以外の場合はT構造(省令準耐火建物)、もしくはH構造となります。「Holdus」の場合は全てT構造(準耐火建築物または省令準耐火建物)となります。
保険会社により、構造区分が異なる場合がありますので、構造区分については保険会社にご確認ください。