温室LIFEのいえ「Holdus」は、外張り断熱工法により、断熱材で家全体をすっぽりと包みこみます。外張り断熱工法は、柱と柱の間に断熱材を充填する充填断熱工法と違い、断熱層が連続するため、断熱性と気密性に優れた住宅を実現します。

外張り断熱工法の特徴

1.断熱性能

外張り断熱工法って?外張り断熱工法は、断熱材の隙間ができにくいため、部屋間の温度差が少なく、熱ロスを軽減することができます。夏・冬を通して壁の中の温度は室温に近いため、結露の心配もなくなります。

<家中の温度差が少ない快適生活>
断熱材に隙間があると、冬には部屋の上下や、部屋間で温度差が大きくなります。部屋間の温度差が大きいと、急激な体温変化が体に影響を及ぼす「ヒートショック」の原因となります。外張り断熱工法は、断熱性能に優れており、家中の温度をほぼ一定に保つため、暖かい部屋からトイレに行く時やバスルームの脱衣場で寒さに不快感を感じることが少なくなり、快適な生活をすることができます。

<熱ロス対策にも配慮>
冬は48%、夏は71%もの熱が窓から失われていると言われています。家中の温度を一定に保ち、快適な生活をするためには、開口部の断熱にも配慮する必要があります。

断熱その1

「Holdus」では、断熱玄関とLow-E複層ガラスを採用し、開口部からの熱ロスを防ぐ工夫をしています。

断熱玄関ドア

1年を通して適度な室温を保つ、高い断熱性能

冬は冷気の侵入と暖気が逃げるのを抑え、夏は暖気の侵入と冷気が逃げるのを抑える断熱性能を備えた玄関ドア。気密性にもすぐれ、ほこりや雨の侵入も防ぎます。また、ガラス部には複層ガラスを採用することで、断熱性を高め、ドア周辺の明るさも演出します。

最高級の気密性能

最高級の気密性能冷房効果など、生活環境の快適性を大きく左右する気密性能。「Holdus」の玄関ドアは、気密性能基準の最高等級(JIS A-4(2)等級)を満たしています。



お好みのデザインもお選びいただけます

お好みのデザインもお選びいただけます

防犯性

防犯性






























アルミと樹脂の複合サッシ

躯体内結露を防ぐ

室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室内側に耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特長を活かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。住宅の省エネルギー化はもちろん、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。

躯体内結露を防ぐその1

躯体内結露を防ぐその2

Low-E 複層ガラス

熱の出入りを軽減

熱の出入りを軽減次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。中でも、遮熱機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。














断熱性能と遮熱性能

断熱型

外からの冷気をシャットアウトし、室内の暖かさを逃しません。また、カビやダニの原因となる結露の発生を防ぎます。暖房効率が上がり、冬の省エネ効果的です。

遮熱型

特殊金属膜効果で、室内の明るさはそのままに、暑い日差しと紫外線をカットします。冷房効率が上がり、夏の省エネに効果的です。
※「Holdus」では、開口部に合わせて、断熱型と遮熱断熱型の複層ガラスを使いわけています。

断熱性能と遮熱性能

算出条件:メーカー(トステム)計算値(光学性能JISR3107ベースで算出・短版ガラスに対しての割合)

2.家が長持ち

外張り断熱工法は、木材にもやさしい工法です。充填断熱工法の壁内では、内側と外側で20℃近くの温度差が生じてしまいます。外張り断熱工法では、温度差が少なくなるため、木材に余分なストレスを与えません。また、周りが空気にさらされているため、木材もしっかりと呼吸することができ、家が長持ちすると言われています。
木材を長持ちさせる外断熱工法の建築現場 [木材を長持ちさせる外断熱工法の建築現場]

3.空間利用

外張り断熱工法は、断熱材を充填することによる設計の制約を受けません。そのため、断熱性や防火性を損ねることなく、棚や収納の配置を自由に行うことができます。また、屋根断熱をするため、小屋裏を居室空間として利用することもできます。「Holdus」は、これまでデットスペースとなっていたところを有効に使える設計を可能にしました。
空間利用